違い

古民家は伝統構法で造られています。

釘など金物は使わず木組みの造りです。

在来工法は筋違いという斜材を入れ、金物で補強された造り。

伝統構法は大きく揺れて力を逃がす、免震構造。

在来工法は揺れに耐える、耐震構造。

そもそも構造に対する考え方が違うのです。

同じ家だけど、造りが違うと性格もかわるものです。

ブログカテゴリーの記事