新民家

新民家。

残念ながら古民家を解体せざるおえなくなってしまった時、梁など活用出来る古材を地場で育った自然乾燥材を構造材に使い、建て替えした家を新民家と言います。

昔の古い木材だから強度が心配。

表面に割れが出ている。

など、大概の方は心配すると思います。

しかし、現在主流となっている強制乾燥材を、法隆寺を例にとってみると自然乾燥材は1000年経っても現役です。

古いからといって強度がないわけではないのです。

表面の割れも自然乾燥材なら当たり前です。むしろ、表面に割れが出ない木材のほうが心配になります。

自然乾燥材と古材を活用した新民家。

プレカットでも刻めると思いますが、生き物を相手にする以上は職人の経験と技術は必ず必要になります。

新民家は技術継承という意味でも必要な存在と思います。

ブログカテゴリーの記事