新民家

古材を活用することで、新たな木材の輸送コストや二酸化炭素の削減ができ、結果的に建築費の低減にもなります。また古材は新材より強いので建物の強度も増します。しかし、古材で全ての構造材が補えることは少なく、新しい材も加えることになります。その場合は地域材を活用します。地元の木材は古民家と同じく、地元の気候風土にあった長期間使用可能なものです。

ブログカテゴリーの記事