違い

伝統構法と在来工法の大きな違いとして基礎部分の形状が挙げられます。伝統構法は石場建て工法と呼ばれる自然石の上に柱を建てるものが使われ、在来工法はコンクリート製の基礎の上に土台が敷かれその上に柱が建てられます。

ブログカテゴリーの記事